outlineimage

設立趣旨

  「葉酸と母子の健康を考える会」は、2000年の厚生労働省による妊婦、女性への「葉酸」摂取の呼びかけがなされた後も、葉酸の認知・摂取が進まない現状に対する懸念から、必須栄養素である「葉酸」が、妊娠・出産を契機として現代女性と子どもの健康に果たす役割について、広く情報を発信していくことを目的に、2007年より任意団体として活動を開始し、2009年5月27日に一般社団法人化いたしました。
  葉酸は、下半身麻痺などを伴う胎児の「二分脊椎症」をはじめとする、神経管閉鎖障害の発症リスクを低減する栄養素として、諸外国では既に積極的な勧告・摂取の政策が進められ、成果が上がっています。一方日本では、積極的な推進策がなされないまま、二分脊椎症の発症はむしろ増加傾向にあるのが現状です。これは、葉酸の摂取・認知の遅れが一因と考えられています。
  また、ライフスタイルの変化に伴い、晩婚化や少子化など、現代社会における女性の結婚・出産事情も大きな様変わりを見せています。
  本会では、こうした女性を取り巻く環境の変化や、葉酸にまつわる認知の現状について調査を行い、葉酸が果たす役割とともに、積極的に情報発信して参ります。

主な活動

・ 現代女性を取り巻く環境の変化や、葉酸にまつわる認知の現状について調査を実施。調査結果を元に、葉酸が現代女性の健康に果たす役割について、積極的に発信していく。
・ 学術研究者や管理栄養士らの賛同を募り、広く社会に発信していくことを推進する。また、葉酸が現代女性の健康に果たす役割について、セミナーやイベントなどの具体的な情報発信の場を設ける。

詳しくは会則等をご覧ください。


公告のページ

活動実績

・ 2007年 4月  第1回「葉酸意識調査」実施
・ 2007年 4月  4月3日が「葉酸の日」として認定される
・ 2008年 4月  葉酸セミナー開催
・ 2008年 4月  第2回マスコミセミナー開催
・ 2009年 3月  第2回「葉酸意識調査」実施
・ 2009年 5月  第63回日本栄養・食糧学会大会ランチョンセミナー開催
・ 2009年 5月  一般社団法人化
・ 2009年 8月  第1回「葉酸たまご甲子園」大阪にて開催
・ 2010年 4月  第2回「葉酸たまご甲子園」京都にて開催
・ 2010年 9月  ABC Cooking Studio 1day特別レッスン開催
・ 2011年 9月  第3回「葉酸たまご甲子園」東京にて開催
・ 2012年 3月  第4回「葉酸たまご甲子園」京都にて開催
・ 2012年 10月  第3回「葉酸意識調査」実施
・ 2013年11月  第5回「葉酸たまご甲子園」韓国にて開催
・ 2014年 6月  第6回「葉酸たまご甲子園」姫路にて開催
・ 2015年 3月  第7回「葉酸たまご甲子園」大阪にて開催


一般社団法人  葉酸と母子の健康を考える会  事務局
住所:〒615-8245 京都市西京区御陵大原1-49
電話番号:050-3469-5105
メールアドレス web0403@yo-san.jp


このページの先頭へ戻る